一人暮らしの自炊は高くつく?食費を節約するための方法

一人暮らしの食費を節約する方法

一人暮らしをしていて最も悩みのタネとなってしまうのは、「食費」ではないでしょうか?

家賃や水道光熱費、通信費などなど、節約するのに限度がある固定コストは削るのも大変です。その点、食費は「食べる量を減らす」ことで出費を調整できる項目なので、新しく一人暮らしをスタートさせた方は、まず食費の節約をしようと計画することが多いと思います。

ただ、極限まで費用を抑えようとすると、途端に質素な食事になってしまうのもまた事実。

一人暮らしだし、食費は出来る限り節約したい。けれど、栄養価バランスのとれた食事や、たまには贅沢だってしたいという本音も無視できない。
お金をかけすぎず、しっかりと健康に良い食事をとり、それを継続していくためには一体どうすればいいのでしょうか?

本記事では、一人暮らしでの自炊に関して、食費を効率よく節約する方法についてまとめています。

風子

ぜひ、生活していくうえでの参考にしてくださいね!

一人暮らしで食費を節約する方法

大前提として、食費に限らず生活費を節約するためには、「月の出費額を把握すること」が大切です。家賃・水道光熱費・通信費・交際費など、何にどれくらいのお金を割いているのかを計算します。

【一般的な一人暮らしの毎月出費例】

家賃:7万円
食費:3万円
通信費:1万円
水道光熱費:5千円
交際費:1万円
その他雑費:2万円

こうして見ると、人間ひとりが生きていくために月に最低10~15万は必要なことがわかるでしょう。地域によって家賃や水道光熱費はさらに抑えることができるかもしれません。

自分に必要な額はどれくらいなのか?

一般的には10万〜15万円掛かるということはわかりましたが、では自分にはどれくらいの額が必要なんだろうか???その点を把握したうえで、改めて食費に向き合ってみましょう。

仮に月3万円の食費で過ごすとしたら、単純計算で1日1000円は使っても良いことになります。お米や調味料などを揃えるのに多少お金がかかるとしても、この1000円のボーダーを超えなければ3万円で抑えることは可能です。

それでは具体的に食費を節約する方法を、以下に挙げていきます。

食費の節約=食材の節約

直接的に食費の節約に繋がるのは、ずばり食材の節約です。

たとえば昼食にパスタを作ろうと思った時に、必要なものは何があるでしょうか。

【カルボナーラの材料】
  • パスタ(1袋400円)
  • 生クリーム(500円)
  • 牛乳(300円)
  • オリーブオイル(800円)
  • 粉チーズ(500円)
  • 塩コショウ(300円)
  • 卵(1パック300円)

「作ろう!」と思っただけでざっと総計3,000円ほどかかることになります。これなら外食で済ませたほうが約半分で収まる、と思ってしまいますよね。

ただ、上記に挙げたのはあくまで平均的な値段。

最近は激安スーパーなどもあり、同じ容量や品質で値段が変わる食材もたくさんあります。

【カルボナーラの材料:激安スーパーの場合】
  • パスタ(200円)
  • 生クリーム(200円)
  • 牛乳(150円)
  • オリーブオイル(300円)
  • 粉チーズ(300円)
  • 塩コショウ(200円)
  • 卵(200円)

総計1,500円ほどに抑えることも可能です。同じような食材でもこれだけの差が出てきます。

加えて、すべての材料を1食で使い切ることはないので、実際の1食分はもっと安く抑えられます。

食費の節約は食材から。ぜひ地元の激安スーパーを開拓して、節約意識を高めてください。

1日3食必要なのか?

現在、あなたは1日に何食の食事をとっていますか?

一般的に言えば、朝・昼・夜の3食をしっかりとっている人のほうが多いでしょう。

それでは、「1日3食」とらなければならない、という価値観はどこから生まれたのでしょうか?

元々、人間は1日1食か、まったく食べないという生活を送っていました。狩猟民族だった時代の話です。

冷蔵庫もない時代、せっかくたくさん食料を確保しても保存方法がないために、この時代の人たちは獲った食材はその日のうちに消費して、また翌日新しく狩りに出るという生活を繰り返していました。

現代の私たちは、まず朝食で栄養をとってから行動するサイクルに慣れていますが、本来は動いたあとに消費した分を補充するリズムが人間的だったのです。

このことから考えると、「1日3食」の食事に慣れきった私たちは、いかに食べ過ぎかというのが分かってもらえるかと思います。

ぜひ、この機会に「食」について見直してみましょう。

1日1食でも充分、むしろその方が動きやすく生産性が上がる可能性もあります。根本的な食費の節約にも繋がり、健康にもなって生産性も向上する。一石三鳥です。

工夫次第で楽しく自炊生活できる!

  • 激安スーパーを開拓する
  • 食を見直すきっかけにする

一人暮らしの自炊は、反対に高くついてしまうという話もあります。

一般的な月の食費は3~4万円と言われている中で、仮に1~2万円ほどに抑えることができれば、それは画期的な節約と言えるのではないでしょうか?

食費の節約を義務ではなく「楽しいプロジェクト」として捉え直すきっかけにしてみましょう。食費節約の意識が高まれば、自然と他の費用へも目が向くようになります。

工夫次第で、一人暮らしの食費でも楽しく節約できます。

趣味を「節約」と言えるようになれば、知識や経験も深まってお金も貯まって一石二鳥です。ぜひ、楽しい節約ライフを送りましょう。